プロフィール
 - Profile -
 
 銀工房・沙恵楽TOPページへ プロフィール オーダーから完成まで オーダーメイドの価格 オーダーフォーム よくある質問 お問い合わせ
−銀工房・沙恵楽の想いです− 
 >HOME  >プロフィール  
























たくさんのアクセサリーサイトの中から、銀工房・沙恵楽のHPへ来てくださり、ありがとうございます。
「沙恵楽」と書いて「さえら」と読みます。
これはフランス語の[Ca et La(さえら−あれこれ、という意味−)]から名付けました。
まさに、あれこれなんでも創らせていただこう!ということです。

アクセサリーは個人的な趣味趣向の装飾品で、まさにその人にあった[オンリーワン]のモノであるべきだとの思いで、創らせて頂いております。
銀工房・沙恵楽はそれ故、大量に作られ、大量販売されているものの中から選ぶのではなく、本当に欲しいものをお客様に代わって創らせて頂くことに拘っています。
ですから、もちろん一つ一つが手作りです。
こんなアクセサリーが欲しい、お気に入りの石を使った私だけのものが欲しい、自分がデザインしたものを作って欲しい…などなど。
人それぞれ体型が違い、指の細い人や太い方、小柄な方やポッチャリ目の方、がっしりした人や大柄な方などは、なかなか自分にあったサイズのものを探しにくいものです。
あなたのサイズにあった、あなただけの拘りデザインの[オンリーワンアクセサリー]製作のお手伝いをさせて頂くことが、私どもの喜びでもあります。

−オーバーレイへの憧れ−
工房や職人さん達には、それぞれ独特の感性があり、また得意な工法があります。
それらによりそれぞれ作風が違って個性となり、お客様も好きな作家さんに製作依頼されることになります。
私はどこの工房にも属さず師匠という人もおらず、また彫金教室や学校にも通ったことがありません。
それ故、自分なりにいろいろな工法を試しながら彫金を独学で学んできました。
ですがある時、私の作品を取り扱ってくれていたお店で、ネイティブ・インディアンのホピ族という部族が作ったインディアンアクセサリーがありました。
それはまさに銀で絵を描いたような魅力溢れる作品達で、調べてみますと「オーバーレイ技法」という工法で作られたことが分かりました。
この技法は技術書にも載っていなかったし、まだチャレンジしてみたこともなく、たちまちその魅力に取り憑かれました。
それからまた試行錯誤が始まり、今ではお客様のご要望にお応え出来る作品作りが出来るようになり、喜んで頂けるようになりました。→オーバーレイについて

−メンテナンスの喜び−
長年着けて頂いていたアクセサリー達が、傷が付いたり、燻しが剥がれたり、また時には不本意なアクシデントによって環が外れたり変形して、修理や磨き直しのご依頼を受けることがあります。
殆どの場合は日々愛用して頂いたものばかりです。
言葉は大げさですが、なにか巣立った子供が、いろいろな経験をして顔を見せてくれたように感じます。
また再会出来たモノ達を、修理、メンテナンスさせて頂くことは、創らせて頂いた私にとっての喜びでもあります。

銀工房・沙恵楽で創らせて頂いたものは、この工房が存続する限り、責任を持って修理・メンテナンスをさせて頂きます。−銀工房・沙恵楽 主宰・島田國廣−


▲TOP
◆ Copyright (C) 銀工房・沙恵楽 All right reserved◆
当サイト内に掲載されている写真・文章・ソース等の無断引用は固くお断りします。
inserted by FC2 system